男女別に見るメジャーな性病の初期症状について

性交渉を行ったことがある人では誰しもかかりうる可能性があるのが性病です。
初期症状がないことも多く、見落としがちやすいです。
また、男性と女性で初期症状があったり違ったりするのでそれも性病の発見を遅らせる理由の一つです。
早期発見によって治療をすることで完治できます。
特に多いのは、クラミジア、淋病、性器ヘルペスなどです。

クラミジアは初期症状が軽く男性女性共に自覚症状が無い場合があります。
男性は排尿時の陰部の痛み、違和感などがあります。
微熱がでることもありますが、あまり気にならない人も特に男性では多いため気づかないです。
女性は陰部のかゆみや性交痛、おりものが臭いなどありますがやはり女性も初期症状が軽い場合があり、自覚していない人も多いです。
男女ともにのどにクラミジアが感染している場合もあります。
基本的にクラミジアは粘膜組織に存在し、キスや口で陰部をなめる行為、性行為で移る可能性があります。
他者に移さないために、少しでも違和感があれば早期治療が必要です。

大昔は治らない病気、死の病と言われた淋病も性病の中でも代表的な一つです。
淋病にかかると男性は膿ができることがあります。
女性は比較的自覚症状が少なく重傷化すると、子宮頸管炎などを起こす可能性があります。
クラミジアと違い、淋病は喉に感染しても自覚症状はありません。
喉にも感染することはあるため、疑いがあれば確認する必要があります。
淋病は1回の性行為だけで感染するリスクがとても高い性病です。

性器ヘルペスも性病では多いです。
性行為があって数日で「痛がゆいな」と感じたらすぐに検査をする方がいいでしょう。
性器ヘルペスはできるとすぐにわかります。
水疱の様な膨らみ、そして性器ヘルペスによる激しい痛みで生活に支障が出てくることもあります。
治療することで早めの改善が見込まれるため、不特定多数の人と性行為があったのであれば、しっかりと検査することが必要です。
性病により不妊に悩まされることもあります。

初期症状に気づくことが性病治療に大切な理由

性行為後に初期症状がないこともありますが、不特定多数との行為をする人はしっかりと頻繁に性病にかかっていないかを確認する必要があります。
それによって、少しでも早めの治療に取りかかることができます。
また、パートナーが居る人はどちらかが症状が出た場合、また少しでも違和感があると思った場合はお互いに病院へ行くか、検査をすることがいいでしょう。
性病ではどちらかが悪いという訳ではなく、どう治して今後に繋げていくかが重要です。
性器ヘルペスは重症化すると歩行困難、淋病は死の病と言われたほどですから、ほかの病気と合併症を引き起こすことも考えられます。
クラミジアにいたっては、のどやまた目にも感染する可能性があります。
そうなってくると、失明やまたのどが腫れると呼吸困難などを引き起こします。
初期症状が少ないからこそ、早めの対策が必要となってきます。

今後、妊娠や出産などを考える人も多いでしょう。
そのためには、こういった病気への対策はとても重要となってくるのです。
ただ、どこの病院に行けばいいかわからない。
また、病院に行くのはちょっと抵抗があるという人も多いです。
最近では検査のキットがあるため、それで行うことも可能です。
ただし、潜伏期間があるため感染しているのに陽性反応がでない時もあります。
そのため、しっかりと期間を確認する必要があります。

また、病院は泌尿器科、また女性は泌尿器科か婦人科でも見てくれます。
大きな病院ですと性病科というものがあるので、専門的におこなっている所にいくこともお勧めします。
性病にかかっていたとしても、しっかりとした治療を行うことができます。

そして、日頃から陰部の清潔保持をすることも大切です。
陰部の皮膚組織はデリケートです。
日頃から丁寧なケアをすることで、少しでも不快感を減らすことができます。