性病の疑いがあり病院へ行く場合は何科へ行く?

ふとした瞬間に、デリケートゾーンにかゆみや痛みを感じた時、どこの病院に行けばいいのでしょうか。
普段病院そのものにあまり行かなかったり、産婦人科などに足を踏み入れたことがない人は悩むところです。
人には聞きづらいものですし、自分が性病かもしれない、ということは絶対に他人には知られたくない、という人が大半です。
性行為をする人であれば誰もが性病にかかる可能性はあるので仕方のないことではありますが、やはり周りの目が気になるところです。
ましては、せっかく勇気を出して病院に行ったのに「うちの病院では性病かどうかは調べられません」と言われてしまうと「何のために行ったの?」ということになりかねません。
そこで、何科へ行けばいいのかというと、まず女性の場合は産婦人科で主に見てもらえます。
もし性病の可能性はあるが、もしかしたら違うかもしれないという場合でもオッケーです。
かかっているかどうか自体を検査してくれます。

また、男性の場合はさらに悩んでしまうものです。
産婦人科に行く訳にはいかないし、全く予想もつきません。
男性の場合はというと、泌尿器科に行きましょう。
女性同様、かかっているかどうかの検査もしてくれます。
また、内容によっては他の科でも見てもらうことが可能です。
例えば性病かもしれないし女性特有のまた別の病気かもしれない、という場合は婦人科でも見てもらえますし皮膚に炎症が出ている場合には皮膚科でも見てもらうことが可能です。
ただし、それぞれ専門のお医者さんしかいない場合がほとんどなので部分的な検査してもらえないことは理解しましょう。
何の病気なのかさっぱりわからないのでなんとかしたい、という場合にはいろいろな先生がいる総合病院がおすすめです。
泌尿器科、婦人科、産婦人科など専門の先生がスタンバイしているのでいろいろな可能性から分析してくれます。
内容によって診察の中身も変わるので、総合病院が1番いいかもしれません。

性病の検査内容はどういうものになっている?

実際の性病の検査内容はどのようなものかというと、いくつかの種類があります。
まずは、血液検査です。
一般的な検査と同じで、血液を摂取してその中の成分を分析します。
性病の検査の中では一番メジャーなもので、HIVやクラミジアなどの病気にかかっているかどうかを調べることが出来ます。

次に、尿検査です。
これは泌尿器科で男性が検査するときに主に行われています。
通常の尿検査と同じで、クラミジアもしくは淋病を判別することが出来ます。
泌尿器科ということだけあって、尿検査はここでしか受けられません。
血液検査が嫌という人にもいいかもしれません。

また、女性は産婦人科もしくは婦人科ではおりものの検査を行います。
膣の中にめんぼうを少し入れて判別します。
これも数多くの病気を判別することが出来ます。
さらに、性器だけでなく喉に感染している可能性がある場合は喉の粘膜をこすることで調べられます。
めんぼうのようなもので喉を軽くこすることで粘膜を摂取することが出来ます。

このように泌尿器科、婦人科などの科によってできる内容が変わるので可能性に合わせていく病院を決めるか、総合病院に行きましょう。
特に婦人科や産婦人科の場合なんとなく行ったことがないととても入りづらいですが、通院している人は妊娠している人だけではなくいろいろな治療を行っている人も多いです。
その為、始めは気になるかもしれませんが後々のリスクを考えれば通院することをおすすめします。
また、診察された時にはちゃんとその内容を把握しておきましょう。
とりあえず病気にはかかっていなかったとしても、内容によっては後から発症する可能性もあるので、自分の症状を理解することはとても大切です。