尖圭コンジローマと間違えやすい症状とは

性器に出来るイボやブツブツは、性病と間違えやすい症状もあります。
特にブツブツは、尖圭コンジローマと見間違えてしまうこともあり、間違えて治療を続けてしまうこともあります。
では、尖圭コンジローマと間違えやすい症状には、どんなものがあるのでしょうか。

フォアダイス
フォアダイスは、陰茎の皮に出来るブツブツのことで、男性の性器の約65%に出来ていると言われています。
毛のない脂腺が出来たようなもので、唇に出来ることもあります。
皮膚の粘膜表面から、脂肪の黄色い粒が透けて見える状態が特徴で、ぶつぶつはそれぞれ独立しています。
フォアダイスは治療の必要はありませんが、見た目が気になるという人や女性に性病なのではないかと恐れられることから、治療をする男性も多くいます。
その場合は、包茎クリニックに行って、正しい治療を受けるようにしましょう。

真珠様陰茎小丘疹
真珠様陰茎小丘疹は、亀頭のカリ部分に小さな魚卵のようなものが沿って出来るブツブツです。
色は肌色をしている事が多いのが特徴です。
男性の約20%に出来るといわれています。
一つ一つの粒が揃っており、規則正しく一列に並んでいます。
カリ首を一周するように発生します。

真珠様陰茎小丘疹は、フォアダイスと分類せずに、フォアダイスと呼ばれることもあります。
真珠様陰茎小丘疹は、包茎の人に多いのが特徴です。
性病ではなく、性器の裏スジの両脇に少し大きめに出現することもあります。
見た目はフォアダイスと同様に、真珠様陰茎小丘疹も外見は尖圭コンジローマの発症初期に非常に似ているので、勘違いをする事もあります。

真珠様陰茎小丘疹のブツブツは、自然になくなることはありませんので、どうしても見た目が気になるようであれば、除去治療をするようにしましょう。
性器に気になるイボやブツブツが出来た場合には、それが尖圭コンジローマなのか、フォアダイスなのか真珠様陰茎小丘疹なのか、素人では判断出来ません。
そのため、必ず一度はクリニックに行くようにするのも良いでしょう。

膣前庭乳頭症は尖圭コンジローマと誤認されやすい理由

膣前庭乳頭症は、膣口の周辺から小陰唇の内側にかけて左右対称に出来るブツブツです。
痛みやかゆみを伴うことがあり、出来ると性器に違和感を感じる女性が多いのが特徴です。
また、生理周期によっては、ブツブツの大きさや数に変化も見られます。

また、膣前庭乳頭症は男性の真珠様陰茎小丘疹に相当する生理的現象であり、性病の一つである尖圭コンジローマに似ているため、あまり知識の無い医師に見せることで、誤診される恐れもあります。
一般的には、膣前庭乳頭症は生理現象になりますので、治療の必要はありません。
そのため、膣前庭乳頭症を尖圭コンジローマだと間違えないように、きちんと見分け方を知っておきましょう。

見分け方はいくつかあります。
膣前庭乳頭症は直径1ミリ前後で長さは2~3ミリ程度ですが、尖圭コンジローマは大きさは大小様々で不統一に出現します。
そして、色の見分け方は、膣前庭乳頭症の場合、表面の色は正常で、周囲の色とあまり変わりはありません。
尖圭コンジローマは、表面の色が正常な粘膜の色とは異なりますので、不自然なブツブツに見えるでしょう。

そして、形や大きさの見分け方ですが、膣前庭乳頭症は、ホルモンバランスの変化によって、形や大きさ、数に微妙な変化が起こります。
そのため、生理周期に左右されることがあります。
尖圭コンジローマは、そのまま放置しておくと、ひたすらブツブツが増殖し、大きくなっていきます。
数が減るということはありません。

以上の見分け方をきちんと知っておけば、性器に不自然なブツブツが出来たとしても、まずは自分でチェックをする事が出来ます。
特に発生状態や色、ブツブツがどのように変化していくのかというのを知っておけば、間違えて性病だと勘違いをして病院に行かなくて済みます。
ですが、誤診されるのは稀なケースでもありますので、自分で判断が付かない場合には、必ず医師に見せるようにしましょう。